FC2ブログ

アトリエもくれん 「紅花の里高瀬」ブログ

アトリエもくれんは、「おもひでぽろぽろ」山形市高瀬地区(紅花の里)にあります
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 工房整備
CATEGORY ≫ 工房整備
       次ページ ≫

外壁木部の塗り替え

工房は、建築後7年になりました。
ドアや窓などは自分でDIYしましたが、木材で作った木部の劣化が目立ってきました。
木部は、インウッドというアメリカ製の塗料を使っていました。
この塗料はウッドデッキにも使うほど、非常に撥水性のある塗料です。
価格も安く、とても良かったのです。
ところが、ネット注文しようとしても、どこにも商品が表示されません。
売れなかったのか...?、もう販売はされていないようです。
代替え品を探してみたら、キシラデコールが良さそうなので、ネット注文しました。
(送料込みでも、ホームセンターより1,500円安かった)
注文翌日には到着したのですが、急に寒くなってきました。
今は冬なのを忘れていました。
木部を水洗いしてから塗布しなければならないので、三月下旬まで待つことにします。

↓ドアや窓など、外壁木部の劣化が出ています。
a18122502.jpg

↓特に、ドアの雨が溜まる部分がひどい。
a18122503.jpg

↓インウッドの代わりに、キシラデコールを購入。
a18122501.jpg
工房整備 | Comments(0) | Trackbacks(-)

工房の整頓

アーチ扉の目違い払いをしようとしましたが、鉋をかける必要が無い程度の目違いです。
#180の手動サンディングで問題無く仕上がりました。
ここで一息入れて、明日から扉を食器棚に取り付けようと思っています。

今回作ったアーチ扉用治具を壁に下げましたが、もう壁の開きスペースがありません。
治具やテンプレートは増える一方なので、今後は材料小屋の利用を考えるしかありません。

ワークベンチ下が取り散らかっていたので、数年ぶりに片付けました。

↓今回作ったアーチ扉
a17102601.jpg
↓壁に下げたアーチ扉用治具
a17102603.jpg
↓整頓した、ワークベンチ下のサンディング用品
a17102602.jpg


工房整備 | Comments(0) | Trackbacks(-)

芝生に苔が大量発生

アトリエ敷地の北側芝斜面に苔が発生しました。
これまでも少量は発生していたのですが、ここ半月でこんなに繁殖するとは思っていませんでした。
こんなに増えたのは初めてなのです。

早速ネットで調べてみたら、土壌に肥料分が無いとアルカリ性になって発生するとのこと。
そう言えば、昨年までは化成肥料を播いていたのに、今年は一度も播いていなかったのです。

ホームセンターから液体肥料を買ってきて、薄めて播きました。
その後から、畑で使う化成肥料をパラパラと播いておきました。
今年はこれくらいにして、来春に本格的な対策をしようと思っています。

↓芝生の北側斜面に発生した苔
a17101002.jpg
↓液体肥料と化成肥料
a17101003.jpg
工房整備 | Comments(0) | Trackbacks(-)

今年三回目の芝刈り

アトリエ周囲の斜面は、土留めを兼ねて芝を植えています。
芝がかなり伸びたので、今年三回目の芝刈りをしました。
作業時間は合計8時間で、二日がかりでした。
アイリス芝刈り機を斜面用に改造したのですが、重いのでかなり疲れました。
今年最後の芝刈りにしたいので、芝刈り深さも追い込んでみました。

17082903.jpg
17082901.jpg
17082902.jpg
工房整備 | Comments(0) | Trackbacks(-)

簡易水道が開通

「アトリエもくれん」の土地は、高瀬の山際斜面にあるので、水に恵まれていません。
(眺望の良い高台の土地は、たいてい水が無い)
隣家と共同の浄水設備付井戸(深さ12m20m)があるのですが、鉄とマンガンが濃すぎて(原水が泥水状態)、完全に取り除くことが出来ないのです。
ポンプに泥が詰まってしまって、1~2年ごとに分解清掃が必要なのです。
それに、井戸は永久に使える訳ではなく、詰まった場合は堀直す必要があるそうです。
設置後まもなく10年になるので、そろそろ水中ポンプの交換が必要で、交換には数十万円かかるらしいのです。
浄水設備もいずれ更新しなければなりません。
その場合、軽く百万円以上かかるでしょう。
金気水の井戸は大変な金食い虫です!

この地域では、集落で簡易水道を運営しています。
隣家の人が水道組合に、水道を貰いたいと長らく申し入れていたのですが、このたびやっと分けてもらえることになりました。ついでにアトリエも一緒に...
水道管を埋める道路が高規格なので、工事費はかなり高額になりました。
二軒で折半でなんとか...泣き(;。;)
これで、上下水道(下水は元から設置済)が完備したので、工房だけでなく住宅にして住むことも可能になりました。

田舎は上下水道が未整備なので、土地の購入には特に注意が必要です。
私の場合、知識不足のまま購入してしまい、後に大変な苦労をしました。

↓道路部分(約90m)の水道工事が終わりました。
17082402.jpg

↓不要になった、井戸の浄化設備
*後に、設備設置店で無料で引き取ってもらえました。
17082401.jpg
工房整備 | Comments(0) | Trackbacks(-)