FC2ブログ

アトリエもくれん 「紅花の里高瀬」ブログ

アトリエもくれんは、「おもひでぽろぽろ」山形市高瀬地区(紅花の里)にあります
2019年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2019年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 木工機械・工具
CATEGORY ≫ 木工機械・工具
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

刃物のヤニ取り

幼児椅子の制作に取りかかりましたが、刃物が切れません。
前回作ったダイニングテーブルと椅子に、ベニマツ材を使ったからでしょう。
ベニマツは柔らかいのですが、樹脂分が多いので刃物にヤニがへばりついてしまいます。
意外に、後始末が大変なのです。
その点、同じパイン系でもホワイトパインはヤニが少ないので刃物が長持ちします。

バンドソーブレードは、チップポケットにヤニがガッチリ詰まっていました。
このまま無理に使うと、さらに木粉が詰まって刃物をだめにしてしまいます。
バンドソーブレードを外して、ヤニクリーンでヤニを除去しました。
ついでに、ブレードを再セットしながら機械の清掃と調整をしておきました。

テーブルソーの丸鋸刃もヤニが詰まっていたので、ヤニクリーンで除去しました。
切れ味は、見違えるように復活しています。
再研磨までの時間を、もう少し持たせることが出来そうです。

↓ヤニクリーンで、バンドソーブレードのヤニを除去。
a18092701.jpg

↓ついでに、機械の掃除と調整。
a18092602.jpg

↓テーブルソー丸鋸刃のヤニを除去。
a18092603.jpg
スポンサーサイト

パンタルーターの制作(一時中止)

パンタルーターの制作を開始しました。
ネットの図やビデオを見ながら、CADで自分用に描き直しを始めました。
描き進めながら、このパンタルーターはいま一つ用途が浮かびません。
それに、精度を求めた場合、木材で作るにはかなり難しい感じです。
私が思い浮かべる使い方としては、ホゾとホゾ穴の加工になります。
ホゾとホゾ穴は、私が持っているドミノとレイFMTでほとんど加工できます。
おっと...角ノミ盤を忘れていた...通しホゾには絶対必要でした。
丸ホゾ加工については、パンタルーターが良いと思います。
(私は丸ホゾは使わない)
同じ作業をするためにお金と時間をかけるのは、あまり意味がないような気がしてきました。
制作開始は、オフコーポレイションでの進行状況を見てからにしようと思います。
とりあえず、制作は中止します。

a18092601.jpg

中華製サイクロン装置

テーブル天板の木取りに、自在工房あおやま製パネルソーを使いました。
カットは問題無く進んだのですが、ベニマツ材は樹脂分が多いので、掃除機型集塵機の吸い込みが良くありません。
どうしても鋸カバーに溜まってしまいます。
数カットごとに、鋸集塵カバーの内側を掃除機型集塵機で吸い取りながら進めました。

中華製ダストデピュティー類似品の分離力を見るために、掃除機型集塵機を開けてみました。
粉塵や木粉は、集塵機のタンクにまったく流れて来ていません。
本家ダストデピュティーと中華製ダストデピュティー類似品の差は感じられませんでした。

↓鋸カバーには、ベニマツの粉が溜まっています。
a18081903.jpg

↓中華製ダストデピュティーのプラペールには、木粉がいっぱい溜まっています。
a18081904.jpg

↓集塵機のタンクには、粉塵や木粉はまったくありません。
サイクロンは十分機能しています。
a18081905.jpg

掃除機型集塵機+サイクロン 2号機(追記)

中華製ダストデピュティーは「ミナト 乾湿両用 業務用掃除機 バキュームクリーナー MPV-201 」を購入してセッティングは終了しました。
ダストはサイクロンで落ちるので、掃除機まではほとんど流れて来ないようです。

掃除機に付属している部品を捨てようとしましたが、ちょっともったいない感が出てしまいました。
とりあえず組み立てて、手の届かない部分の掃除に使ってみることにします。

↓バキュームクリーナー付属の部品。
a18042001.jpg
↓掃除機ホースの筒をマキタのカフスに差し込もうとしましたが、2mmくらい細いので、1mm厚のゴムを巻いてシールしました。
a18042002.jpg
↓掃除には、マキタのホースにマキタのカフス(掃除機ホースの筒付)をねじ込んで使います。
a18042003.jpg

掃除機型集塵機+サイクロン 2号機(完成)

昨年9月に、中華製ダストデピュティーの使用を計画していました。
ほとんど完成していたのですが、肝心の掃除機の購入を見合わせていたのです。
(もちろん金欠で!)
今回、「ミナト 乾湿両用 業務用掃除機 バキュームクリーナー MPV-201 」を購入してセッティングを完了しました。
( MPV-201 は送料込みで8,980円と格安で、マキタと比較しても吸引力に差が無いくらい強力)
これで、掃除機型集塵機+サイクロンが二台になったので、電動工具作業や掃除が楽になると期待大です。

↓「ミナト 乾湿両用 業務用掃除機 バキュームクリーナー MPV-201 」
車輪は取り付けずに使う。
a18041701.jpg
↓MPV-201のホース口先が、中華製ダストデピュティーの吸い込み口にちょうど合うので、プラスチック筒の先を切断...ラッキー!
a18041702.jpg
a18041703.jpg
↓中華製ダストデピュティーから先のホースは、マキタ集塵機用予備ホース5mを購入して2.5mに切った片方を使用。
ホースが経年変化で硬くなるため、残りの片方は既存の1号機ホースと交換。
a18041704.jpg
↓マキタホースの口元径が、中華製ダストデピュティーの吸い込み径とピッタリ一致...これもラッキー!
a18041705.jpg
↓(2号機)今回制作した「中華製ダストデピュティー+ミナト業務用掃除機」。
a18041707.jpg
↓(1号機)10年以上使っている「本家ダストデピュティー+マキタ集塵機」。
a18041706.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。