FC2ブログ

アトリエもくれん 「紅花の里高瀬」ブログ

アトリエもくれんは、「おもひでぽろぽろ」山形市高瀬地区(紅花の里)にあります
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年09月
ARCHIVE ≫ 2018年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2018年09月  | 翌月 ≫

幼児用椅子・テーブルの制作(2)

幼児用椅子背板のホゾ部分を加工しました。
ホゾの寸法に、ハジマキ状に切り込みを入れます。
その後、昇降盤のホゾ取り装置を使って、ホゾの幅決めをします。
最後に、横型ルーターテーブルを使ってホゾの厚みを決めました。

ホゾの厚みはスパイラルビットを使って加工しましたが、ビットの切れ味が良くありません。
このビットは、けっこう長く使ったので切れなくなったみたいです。
このスパイラルビットは高価で8,000円ほどします。
とてもこの値段は出せないので、ストレートビットを探してみたら、ディグラムのロング刃のビットがありました。
2,000円弱で買えるようです。
次回はこのビットを使うことにします。
だだし、ストレートビットなので、スパイラルビットのような切れ味は期待出来ません。
バンドソーでギリギリのホゾ厚まで荒カットしてから、ロング刃ストレートビットで仕上げることにしたいと思います。
それには、背板を取り付けるためのバンドソー用治具を作る必要があります。

↓ハイトゲージで鋸刃の高さセット。
a18092903.jpg

↓ホゾの寸法にハジマキ状に溝を入れる。
a18092902.jpg

↓昇降盤のホゾ取り装置を使って、ホゾの幅決め。
a18092904.jpg

↓横型ルーターテーブルを使ってホゾの厚みを決める。
a18092905.jpg

↓ホゾ部分が仕上がり。
a18092906.jpg

↓次回に使うつもりの、ロング刃長のストレートビット。
a18092901.jpg
ウッドワーク | Comments(0) | Trackbacks(-)