FC2ブログ

アトリエもくれん 「紅花の里高瀬」ブログ

アトリエもくれんは、「おもひでぽろぽろ」山形市高瀬地区(紅花の里)にあります
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ パソコン
CATEGORY ≫ パソコン

CADソフト「Vectorworks」と「RootProCAD」(2)

「Vectorworks」で描いた図面をdxf(dwg)ファイルで書き出しして、「RootProCAD」で読み込みしてみました。
寸法の一部で200mmが199.99mmと変換されていましたが、0.01mmの誤差なので、実用上問題ありません。
特に寸法線関係はどうか不安でしたが、ほぼその機能のまま変換されていました。

逆に、「RootProCAD」で描いた図面をdxf(dwg)ファイルで書き出しして、「Vectorworks」で読み込みしてみました。
クラス分けしている線種と線色は再設定する必要がありますが、作業は短時間で出来るので問題ありませんでした。

「RootProCAD」を一通り使ってみましたが、ほとんど問題無く使えました。
当分は「RootProCAD」を使って図面を描いてみたいと思います。
操作を忘れないように、「Vectorworks」も時々は使うつもりでいます。

↓「RootProCAD」でdxf読み込みしました。
ほとんどそのまま使用できました。
a18010501.png
パソコン | Comments(0) | Trackbacks(-)

CADソフト「Vectorworks」と「RootProCAD」

自宅のパソコンは「Windows7」なのですが、工房のパソコンは「WindowsXP」です。
CADソフトは「Vectorworks2011」を使っているのですが、自宅のパソコンはネットに繋がっているのでいつでもVectorworksが使えます。
ところが、工房のパソコンはネットに繋がっていないので、Vectorworksを使うには3ヶ月ごとに自宅に持ち帰ってネット認証を受ける必要があります。
なにせ、どちらのパソコンもデスクトップなので、大変な作業なのです。
今日も認証から3ヶ月過ぎていて、工房の「Vectorworks2011」が使えませんでした。

そこで、7年前に「RootProCAD」の有料版を購入していたのを思い出して、工房ではこのCADを使おうと思い立ちました。
有料版なので、DXFやDWGファイルを入出力できます。
「Vectorworks」で描いた図面を、DXFで「RootProCAD」に渡してから工房に持ち込むようにしたいと思います。

「RootProCAD」は長らく使っていなかったので、またもう一度一から学習しなければなりません。
線種や色など、できるだけ「Vectorworks2011」と同じように設定しておきたいと思います。
工房は明日から来年2月24日まで冬ごもりするので、その間に再学習することにします。
「Vectorworks2011」は使わずに、最初から「RootProCAD」で描いても良いわけです。

↓CADソフト「Vectorworks2011」
a17122201.png
↓CADソフト「RootProCAD 5」
a17122202.png
パソコン | Comments(0) | Trackbacks(-)

「Shade Graphic Parts Design」学習(2-7)

ここの所、家庭菜園の畑を耕していました。
また、Shadeの本「Shade Graphic Parts Design」を再学習中です。

↓「かじりかけのリンゴを作る」
17041201.jpg
↓「カラーバリエーションを作る」
17041202.jpg
↓「ブーリアンカラーバリエーションを作る」
17041203.jpg
パソコン | Comments(0) | Trackbacks(-)

「Shade」の解説本

Shadeは純国産3Dソフトです。
最新版は Shade 3Dになっていて、「 Standard ver.15」はAmazonで約20,000円(定価約43,000円)で販売されているようです。
私のShadeは ver.12 で5年前のバージョンになります。当時はけっこう高かった気がします。
最近では、Shadeの話題はあまり聞きませんし、新しい解説本はほとんど販売されていません。
海外の3Dソフトに取って代わられているのでしょうか?

私は趣味で使っているので、このバージョンで十分です。
それに、ソフトはいかに多くの解説書があるかが大事なのではないかと思います。(独学の場合
これまで、Amazonマーケットプレイスで販売されているShade中古本のほとんどを購入しました。
本当に役立つ本は少ないですが、手に入る今の内に購入しておく必要があります。

↓Shade本「Shade Graphic Parts Design」は、Amazonで1円で販売されています。
17040301.jpg
パソコン | Comments(0) | Trackbacks(-)

「Shade Graphic Parts Design」学習(2-6)

Shadeの本「Shade Graphic Parts Design」を再学習中です。

↓「3本のエンタシスを作る」
17040201.jpg

↓「壊れかけたエンタシスを作る」
17040202.jpg
パソコン | Comments(0) | Trackbacks(-)